« はとむぎ | トップページ | 山芋(ヤマイモ) »

2006年1月30日 (月)

はとむぎ茶

○はとむぎ茶  はとむぎ茶はアマチャヅル茶と並んで普及がめざましく、健康茶として東西の横綱級にまでのし上がったが、その出世の早さでも両者はよく似て入る。1980年代の半ばにはとむぎのブームがあったが、それがそのままはとむぎ茶の人気に結びついた。  はとむぎにはゲルマニウム(有機ゲルマニウム)を多く含有しており、そのため体内で有害重金属類を排除する作用があるとされている。また、肝硬変や悪性腫瘍にも効果があることが明らかになってきている。日本癌学会総会(1984年)で、沼田光弘(国立予防衛生研究所)らが、はとむぎの中にガン細胞の増殖を抑える物質があると発表し、この物質が直ちにゲルマニウムであることはできないにしても、はとむぎの抗ガン作用は愛飲家には福音であろう。  現在、市販されているはとむぎ茶は、ティーパック、缶入りなどがあるが、いずれも健康茶として健胃・食欲増進、腎機能増進、利尿、腎結石や膀胱結石などの予防、筋肉痛・リューマチ・神経痛などの鎮痛、あるいは美肌、美容、痩身などへの効果が期待される。  はとむぎ茶のもう一つの特徴は、その香りのよさである。この香ばしい香りは、大人はもちろん子供の口にも抵抗なく、家族揃って飲めるというメリットがある。こういうところにはとむぎ茶の大衆性があり、単に健康茶というだけでない支持が得られた理由があるといえよう。  この香りのよさを活かして、他の薬草をブレンドする健康茶もいろいろと考えられている。特にアマチャヅルとのブレンドはヒット商品となった。アマチャヅルのほのかな甘みに加えて、はとむぎの香りのよさがよくミックスし、アマチャヅルの生理効果が相乗されるところに人気の鍵があったものといわれる。アマチャヅルに限らず、いろいろな薬草や飲み物と取り合わせて、香りや味の変化を楽しみことができる。それぞれの家庭でわが家のはとむぎ茶を作ってみたらどうであろう。 はとむぎ茶の商品一覧

« はとむぎ | トップページ | 山芋(ヤマイモ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145637/8412578

この記事へのトラックバック一覧です: はとむぎ茶:

« はとむぎ | トップページ | 山芋(ヤマイモ) »