« 根昆布 | トップページ | はとむぎ »

2006年1月28日 (土)

しょうが(生姜)

○しょうが(生姜)

 しょうが科の多年生草木で、インド原産とされているが、野生種は発見されていない。高温多湿を好み、日本では7月9月頃にかけてよく生育する。食用とする塊茎部分は多肉で黄色、繊維質で芳香と辛味がある。ヨーロッパではすでに1世紀頃から薬用として知られており、中国でもしょうがの塊茎を生姜と名づけて古くから生薬として用いてきた。

 しょうがは精油を含み、独特の芳香がある。主成分はジンギベロールで、油性のしょうがオールなどを含む。デンマークのオーデンセ大学地域保健研究所のスリバスターバは、試験管及びラットの大動脈で、しょうがが強力な抗凝血作用を示したことを発表している。これは血餅を防ぐことで知られているニンニクやタマネギよりも強い作用を示したという。血餅形成の最初の段階で、血小板の凝集を促進させるホルモン用の物質トロンボクセインが血液細胞で合成されるのを、しょうがは効率よく抑制するというのである。これについてコーネル大学の研究者たちは、しょうがに含まれる抗凝血物質はジンギベロールだと考えているが、これは強力な抗血餅化合物であるアスピリンと、驚くほどよく似た化学構造をしているともいう。

 しょうがを乾燥したものを漢方では、乾姜と呼び、主な効能としては、嘔吐を止め、痰を去り、気を下し、水腫を取るほか、発汗、解熱、解毒、健胃作用など多様である。他の生薬と配合して芳香性健胃剤、食欲増進、新陳代謝機能促進、鎮吐のほか、鼻づまり、悪寒、発熱に用いられる。消炎鎮痛作用もあり、しょうが汁と里芋を潰したものと小麦粉を混ぜ、関節炎、肋間神経痛などに外用する。また、肉や魚の解毒作用があるといわれている。ほかに、乗り物酔いを予防する(小さじ約1/2の粉末しょうがを飲む)、血液の粘度を下げる、などの薬効があるとされる。

しょうが(生姜)の商品一覧

« 根昆布 | トップページ | はとむぎ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145637/8373527

この記事へのトラックバック一覧です: しょうが(生姜):

« 根昆布 | トップページ | はとむぎ »